×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 公式サイト
  咲くやこの花館 公式サイト

アルバムと一緒にお楽しみください。

大阪市と守口に位置する大阪を代表する都市公園。
1999年に国際花と緑の博覧会が開催され、会場跡地約126haが整備され
広大な敷地内は豊かな花と緑が楽しめます。
咲くやこの花館、展望塔、花の谷、風車、国際庭園、鶴見緑地庭球場、鶴見緑地プール、
鶴見緑地球技場、乗馬苑、生き生き地球館、 鶴見スポーツセンターなどの施設があり
気軽にレクリエーションが楽しめます。


今回は京橋から地下鉄を使って鶴見緑地駅下車。
壁は花博のなごり?ここに描かれてるキャラクターのぬいぐるみ持ってる!


「咲くやこの花館」
熱帯、乾燥地帯、高山、極地圏、さまざまな気候帯に生育する約2600種、
約15.000株を温室、冷室8つのゾーンに分けて栽培展示する総合植物園。
花博の時のパビリオンとして建設。

日本の?睡蓮はまだまだ蕾だったけど、
熱帯スイレンは年中咲いてるそうで、とても綺麗でした。
熱帯睡蓮(ニンファニア)は種子やイモで植えるそうですが、アフリカ原産のニンファニア・ミクランタ種は
ムカゴを葉の中心部につけ、葉の上で芽を出して成長を続け花を咲かせるそうです。
本当に多種多様な植物がいっぱいでした。展示室にはラフレシアも?!

薔薇も見頃でした!本当に綺麗でいっぱい咲いてた。
アマチュアカメラマンも沢山いたけど、警備人さんもいてて花壇に入らないように見張ってましたよ〜

風車のあるお花畑の丘はこの時期はポピーがいっぱい♪

花々はアルバムでお楽しみください。

手作りお弁当を持参して国際庭園で広げましたが寂れてました・・・
華やかなパビリオンの面影も無く