×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

岡山の旅

古民家を訪ね、湯郷温泉とサファリパークを楽しむ旅

2007年9月末

我が家では鳥骨鶏(ウコッケイ)を飼ってます。
1年間で50日しか卵を産まないヒヨコに孵すのも下手と言うなんとも生存本能のとっても低いニワトリ…
父が病気で倒れ生きがいを感じなくなったとき、畑の友人が持ってきてくれたの。
父は生き物を飼う事で責任感が生まれ朝夕に畑に通う毎日、そんな生活を続けてると元気になるものです。
そして元気なると別の生きがいとか楽しみも見つかるものなんですね〜
その時に手に入れてくれた飼ってるお宅はご近所さんでしたが、さすがに住宅街…苦情が出て全てを手放しました。
そして定年を機に岡山に古民家を購入され余生をそこで過ごすとか…今度は増えた鳥骨鶏を持って訪れました。

待ち合わせは岡山のとある小さな駅

これは迎えに来てもらわなきゃ山の中で解らないよね〜ってお宅まで案内されました。
棚田で有名な場所で保存会も存在し、アマチュア?カメラマンも訪れる地だそうです。
時期も良く、大変素晴らしい景色でした。
 

お宅は古民家を購入され自らリフォームされ、ドアなどもオークションで落札されたとか?
古い氷を入れる冷蔵庫はワインセラーに使われてて羨ましかったです。
お庭の手入れも万全で本当に家を愛し手を加えられてるんだな〜と思いました。

 

   

大きなカボチャは果樹園でほったらかしにしてたらこの大きさになったとか?
他にも収穫されたお野菜がゴロゴロしてました。
  


飼われてたワンちゃん

  
台所は土間を利用し掘りごたつ、しっかり囲炉裏もありとっても素敵!
そして歓待してくれたランチはまるでお店のようなご馳走で凄く美味しかったです。

配達した?鳥骨鶏をとっても立派な鶏小屋へ開放〜
 
畑の小屋よりはるかに立派で広い小屋、鳥骨鶏も幸せかも?
先住民の鶏とも仲良くしてる?と当初は思ったけど…
やっぱり無理で帰るときには鳥骨鶏のオスは血まみれでした^_^;
まぁ、鶏は直ぐに潰すって言ってたけどね…

そして一路 湯郷温泉へ僅か40分で到着〜宿探しには迷ったけどね(笑)
今回の旅は任されたので泊まりたかった宿を取り、マツタケミニ懐石を堪能♪
 
僅か5人なのに凄い広い個室で中居さん付きっ切りの食事でした。
ちなみに…土瓶蒸しはランチで食べたお友達手作りの方が美味しかったです。

温泉は気持ちよかった〜
明日の化粧のノリも期待できそう(笑)

朝ご飯も同じ個室で…
何故か朝食はお代わりで出来るんですよね〜

もちろん、朝風呂もしっかりしましたよ!
温泉にきたら3度は入らなきゃね(^_-)-☆

そして中居さんに進められたワイナリーに向かう。
夢眠は今回は運転手じゃ無かったけど、ワインと聞けば、行かない訳が無く、わがままを言う(笑)
ナビが付いてるので行くのはスムーズ。
だけど残念な事に受付のお姉さんの愛想が悪く、メンバー全員が不快な思いをしました。
なのであえて国産メーカーの酒造会社だけど名前は伏せる(笑)
スタートは悪かったけどワイン作りの肯定やお待ちかね?の試飲は楽しかった〜運転をしてくれた叔父様・・・ごめんね。

 
ワイン畑とワイナリーの全景

 
レストランも併設、まだ開店してなかったけどブドウのソフトクリームが気になりレジも開いてなかったけど無理やり購入
お釣りが無いように…と言われつつ作ってくれたスタッフさんに感謝!
そしてお味は濃厚で凄く美味しかった。

そして何故か隣には?丹頂鶴の保護をお隣でしてました(?_?)
 
とっても珍しい鶴を見た!って感じで感動しちゃった。

この旅の2番目の目的は「姫路セントラルパーク」
ここは自分の車でサファリを巡れるます。
でも、さすがに祭日だったので結構な交通量でした(笑)

車のウインド越しで撮った写真だけどみてください。
「姫路セントラルパーク」

サファリだけ堪能し遊園地は無視して帰路へ
そしてランチは…高速道路のパーキングエリアで加古川名物?「カツ飯」を堪能

お土産も大量に?ゲット!
 
温泉宿で配布してた温泉水はお風呂に入れて使うそう。ワイン羊羹とぶどうジュースはワイナリーで

  
地元のショップでカレーとフルーツを

 
やっぱりワイナリーで購入したワインのクッキーと岡山といえば「キビ団子」そしてワインコルクは可愛いネコちゃんが気に入って即買い!

楽しい、楽しい旅もあっと言う間、サファリで遊んでるときは曇り空で暑さを感じず、帰りは雨…
だけど畑で水遣りは免れる?なんと都合の良いお天気でメンバー全員の日頃の行いの良さって事で無事完了!

今回、宿探しでお世話になった

姫路セントラルパーク

セントラルパークのアルバム