×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

塩田温泉
2008年5月

GW10連休の恩恵は平日が間に入ること。
メーデーで休みの企業も多いだろうけど?カレンダー通りも多いはず?
そして嬉しい事に旅館の平日お得ブランが利用できる事♪

しっかり格安でお泊りしてきましたよ(^^)v

前回に訪れたのは丁度4年前でした。
「塩田温泉・シャガを求めて」(2004年4月)
実は全く同じコースを辿る旅をしました。もう、プランを練るのが面倒で(笑)

今回も家族旅行ですが、スペシャルゲスト?が居ました。
母の妹、叔母ですが近所に住んでて子供の独立なので連休は暇?らしいので参加。
叔母なんですが、お姉ちゃんと呼んでます。
夢眠が生まれたときは独身で三つ子の魂?で刷り込まれ叔母様とは呼べない〜

雲の多い空模様でしたが、雨ではなく暑くも無く良い感じ。
でも、出発して直ぐに事故渋滞(T_T)
こんな交差点で止めて〜って思ったけど救急車が走りパトカーも3台?
気をつけなきゃ^_^;って気が引き締まりました。
叔母を拾って裏道を聞き高速道路へ…はい、いつもの場所で渋滞です。
原因は故障車を示す掲示板だけど、現場に行っても既に姿かたち無く、いきなりスムーズに走り出す。

その後、渋滞に帰りも含め一切あいませんでした。
流石に平日、そしてタブーな時間を避けたことが幸いしたかしら。

渋滞も2回も遭遇しちゃって時間を取られたけど昼食に決めてた場所にはしっかり12時に到着しました。

兵庫県神崎郡福崎町
民族学の柳田國男の生家の近くに建つ「もちむぎのやかた」

もちむぎと言う品種は余り流通してないようですが、
”もち”とつくだけに粘り気があるそうで、麺も蕎麦なのにうどんのような感じです。
  
麺が太いので好みでは無いけど、ココでしか楽しめない食感を堪能。
周りは麦畑で穂が鮮やかに出て後はもう少し大きくなって収穫を待つばかり。

一般道を経て姫路市夢前町に入り旅館がある方とは逆に曲がり雪彦山の登山口を目指します。
登山なんてしませんよ〜家族揃って足腰が悪いので最近はハイキングすら出来ません(T_T)
目当ては麓に広がるシャガの群生地です。
射干(シャガ)はアヤメ科の多年草で「胡蝶花」と言う愛らしい別名でもよばれてます。


  
斜面の一面に咲くシャガ、川岸に群生するシャガの愛らしく清楚な様子に感動します。

ちなみに「雪彦山」はクライミングを楽しむような岩場の山みたいです。
興味のある方はネットで検索すると色々とヒットしますよ。

狭い道なんですが通る車は殆ど無くって少しのくぼみに駐車して
写真撮影しましたが、やっぱり実際に見るほうが素晴らしいですね。
シャガだけの写真を収めたです。
25枚程度?なので気軽に楽しんでください(笑)

特に時間が取られる場所でもなく道路も空いてるので旅館にインできるまで
ご近所をウロウロして時間つぶしです。

真っ先に向かったのは造り酒屋(笑)ショッピングです。
  
旅館で買うよりは少しだけ安いんですよね♪
そして地方局だったけど取材に来てたのがびっくり!

何度も訪れてるので行くところももワンパターンで更にショッピング?
母には嬉しい山野草の花屋さん。ここが意外と時間を取られる…

それでも更に時間が有ったので「ゆめさきの森公園」へ
何も無い自然がいっぱいの公園です。
駐車場代も掛からずお金も掛かりませんが何も無い^_^;
森林浴は満喫できますが、夢眠の目的は巨大な松ぼっくりなんですよね〜

マムシに注意の看板を見つつ杖で地面を叩きながら松林へ
活躍したのは父ですけどね^_^;そして今回は叔母も大量収穫してくれました。

松ぼっくりはクリスマスに加工されます。
ちなみに昨年、楽しませてもらったのは実は4年前にココで拾ったものです。

 作ってる様子はブログ「夢眠の日常」2007年11月13日の掲載記事で見れます。

そして旅館へ毎度?お世話になってる「夢の井」さんです。
格安プランなので部屋の位置は悪いね^_^;階段がちょっと辛かった〜

でも、窓からの見晴らしはよろしい(笑)

  
穏やかな農村の風景、真下には手入れされた庭、藤が見事に咲き誇ってました。

畳も新しいし、適度にリフォームされウッドデッキのバルコニーも良い感じ。
  

食事はレストランだけどイスなので良かった。
   

 母と叔母の食の好みは一緒なのにびっくり!
そして行動もとっても似てる…離れてからの方が長いはずなのに?!さすが姉妹!

そして温泉は最高〜特に特徴の無いお湯なんだけど
入った後のお肌はスベスベになっちゃいます♪

父は朝一番風呂へ女性陣と交代で行きそのまま朝食会場へ
和のランチバイキング、お腹いっぱい食べました。
でも、食後のコーヒーも欲しかったな〜完全な和食でミルクも無かったのが寂しい。

食後に更に温泉に入りに行った父、その間に出発の用意とお土産の物色(笑)
帰りは一般道で加西市まで走りまずは「五百羅漢」にお参り。
  
必ず似たお顔を持つ羅漢さんがいるらしいけど…見つけられず(T_T)
でも、静かな空間で狭いけどとっても癒されます。

最大の目的である兵庫県立フラワーセンターへ



京都の植物園で寂しい思いをしたけどここは期待を裏切りません!
素晴らしい花々、手入れの行き届いた花壇、鮮やかな花を見せてくれる温室。
大きな池を持ち周りを散策するとかなりの距離を歩くので手前だけをいつも楽しんでます。

それでも今回は車椅子を借りました。
乗らなくても荷物を運ぶだけでも楽なので♪

  
温室は手前がアジサイ畑に奥は球根ベゴニアが見事!

温室にあった動く花 
毛細血管のようなたくさんの花びらが僅かな微風で反応し自由気ままに動くのだけど
まるで虫が動いてるような感じで間近で見てるとびっくりします。

 花壇のチューリップは終わってましたが
珍しいチューリップを鉢で展示してたのはこれからって感じでした。
このお花もとっても変わってるでしょ?!

フラワーセンターで撮影したのは100枚程度(笑)
に纏めてるので見てください。

そしてここは花の苗が凄く凄く安いんです♪
もう荷物が載らないよ〜って状況の車のトランクでしたが
大量に買ってしまったよ^_^;

花苗以外に自分のためのお土産は、お酒(笑)
日本酒でつけた梅酒と黒米で作られたお酒、そして凍らせてシャーベットで食べる梅酒。

   

お菓子は姫路で開催されてる「お菓子博」にちなんだお土産?
22種類が1個づつ入ってる詰め合わせ。どれを食べるかが問題ですね〜
  
「お菓子博」は行こうか?検討したけど人の多さにパスしました。



福崎市

もちむぎのやかた

壺坂酒造

夢前町

ゆめさきの森公園

塩田温泉 夢乃井

加西市

兵庫県立フラワーセンター